Topics

2022.11.30

Yokohama & Tokyo ITF 🇯🇵

☆冒頭写真 横浜ITFにて、北沢様提供。日本の大会を感じます。ありがとうございます!

気温の変化、また、シーズン終盤の疲労もたまっていたのでしょうか、体調を崩してしまいました。
敗戦後、その日のうちに帰国便を手配。翌朝、松山の家に帰宅。
荷物を入れ替え、体調をうかがいながら、翌日関西へ移動。休養と練習のバランスをとりつつ、翌週の横浜、慶應チャレンジャーに備えます。
こういった時の判断は、自分の感覚が一番ですが、信頼できるコーチ、周りの人間の存在は大きいです。
細かな動きの変化を観ながら、調整していくことは一人では難しい。日本の大会ならではの利点でもあります。

私は関西に移動せず、松山で初めて開催されるATPチャレンジャー、予選1日目まででしたが、訪れることができました。
故郷、松山でATPチャレンジャー!
こんな時が来るなんて、人生は面白いものです!おまけに選手やコーチ達は、馴染みであったり、シドニーから、同じように移動している選手も数多く、彼らと故郷のコートで一緒にいられるなんて、夢のようです。
もっともっとテニスの素晴らしさを、故郷に伝えられたら…
開催にご尽力くださった皆様、本当にありがとうございます!



ダブルス写真は、てらおよしのぶさまより。いつも本当にありがとうございます。
最終の遅い時間になったため、皆既月食が素晴らしい風景の中で起こりました。人生においては、ほんとうに幸せな時間です。(写真は北沢様より)

横浜は慶應義塾大学庭球部の皆様の運営で、先週のATPチャレンジャーに続いて、開催される大会です。
授業の合間を縫って、デスク運営、イベント開催、ボールパーソンから、はたまたショップ運営などなど・・・
画像や、試合動画の撮影のみならず(もちろん、全コートライブストリーミングもあります)、翌日にはYouTubeなどSNSに試合も含めてUPする(編集までされています!)

これからの大会運営の広がりを若い世代の力と共に、感じさせていただきました。
情報、機器や環境の変化は著しく、次世代の方々から学ぶことは多いのではないでしょうか。
私達世代ができること、経験も含め、支えあい、楽しみあうことができれば素敵です。

他の国々とも、グローバルにつながることができるテニス。
時代を見据えつつ、まっすぐな心で、多くの方々とつながっていければ、最高だと思います。

さらに進んでいきたいと思います。

(Mayumi.H)





W25
☆シングルス
1R 62/62 Michika Ozeki (JPN) 🇯🇵
2R 76(5)/62 Eri Simizu (JPN) 🇯🇵
QF 62/76(5) Momoko Kobori (JPN) 🇯🇵
☆ダブルス ( with C.Muramatsu )
1R 67(3)/61/5-10 M.Ozeki/R.Ueda (JPN) 🇯🇵

W60 Tokyo
☆シングルス(予選)
1R 61/64 Honoka Kobayashi (JPN) 🇯🇵
2R 36/36 Sara Saito (JPN) 🇯🇵

2022.11.07

Playford&Sydney ITF$60K 🇦🇺

☆冒頭はアデレードの眺望☆

日本で4大会が続きましたが、終盤はオーストラリアに飛ぶことを選択。
アデレード近郊のPlayfordとSydneyのITF$60K、ATPチャレンジャーとの共催になります。
チャレンジャーといえば、日本でも、横浜・松山!・神戸・四日市の開催がシドニーの週から始まります。
こちらで、一緒になった男子選手達も多くが、故郷、松山にこられます。
ついに松山でのATPチャレンジャー!
多くの人に喜んでいただけますように!
シーズンの終盤ですが、来季に繋がる重要な時期です。

オーストラリアは春ですが、思ったより寒い。もともと大陸ですので、一日の寒暖差は大きいですが、日本とは違う体調管理が要りますね。
欧米と違い、時差はあまりありませんので、日本の大会に続いてはスケジュールのくみやすいオーストラリア。
テニスの伝統国でもあり、大好きな国です。ただ大陸で広いので、逆に欧米の選手は慣れないと、移動も大変なようです。
ヨーロッパは大会数も多いし、車での移動で回れますから。

Playfordでは、会場からは車で40分ほど、と遠いのですが、大会トランスポートがあるのと、生活に便利なので、アデレードに宿泊。
おなじみの自炊生活に入ります。オーストラリアは自炊!です。



シドニーは、シドニーオリンピック会場でした。スポーツ大国のオーストラリアはメルボルン・シドニーでオリンピックが開催され、2028年にはブリスベン!
施設は、パリやロンドンでも感じたのですが、うまく既存の施設を使われているように思います。
スポーツが華美に偏りすぎることなく、人々の生活に入り込んでいるようで、素敵に思います。

シドニーでは、借りた部屋から、電車で通いました。
オリンピックラインに乗り換えて、一駅。チケットの買い方も調べながら、最初は戸惑うこともありましたが、コストや利便さなどを考慮しながら回るのがツアー・・・
大変なことも多いですが、小さな楽しみを見つけつつ、回っていくのが大切か、と思っています。






来年のパリ、ローランギャロス。そして5年後はブリスベン。
時代の変化の中で、どのような景色がそこに広がるのか、などとシドニーで考えさせられました。
そして、TOKYOは、どうだったんだろう、と。
1964,2021と2度開催された、それぞれの時代、スポーツはどう関わり、どのように育ったのか、さらにこれからどこに向かうのか・・・
テニスプレーヤーとして、日本人として、考え、向き合って進みたいと思います。

(Mayumi.H)

W60 Playford
☆シングルス
1R 63/61 Taylah Preston (AUS) 🇦🇺
2R 36/26 Na-Lae Han (KOR) 🇰🇷
☆ダブルス ( with M.Hontama 🇯🇵 )
1R 61/76(7) R.Bains/L.Walker (AUS) 🇦🇺
QF 16/26 A.Bozovic/T.Gibson (AUS) 🇦🇺

W60 Sydney
☆シングルス
1R 16/26 Jessica Failla (USA) 🇺🇸